どこが違うのでしょうか? フィンペシアとプロペシアでは

プロペシアはアメリカのメルク社が開発した先発品です。
フィンペシアはインドのシプラ社が製造している後発品(ジェネリック)です。

 

プロペシアもフィンペシアもAGAの治療に有効な成分フィナステリドを1mg使用しています。同じ成分を同じ量使用しているので、この点での違いはありません。

 

プロペシアとフィンペシアの異なる点

フィンペシア大きさ

製造会社がちがうため1錠の大きさが違います。プロペシアに比べてフィンペシアはひとまわり小さいです。

 

このためプロペシアからフィンペシアに切り替えたときに「本当に大丈夫かな」とか「偽物かな」と思ってしまう方もいるようです。

    

MSD(旧:万有製薬)のプロペシアは厚生労働省から認可されている医薬品です。
フィンペシアは認可されていません。
プロペシアは医師からの処方で購入できますが、フィンペシアは認可されていないため個人輸入でしか入手できません。

 

フィンペシアとプロペシアの価格

1.プロペシア 国産(MSD製)(別途診察料)  1箱28錠で7,000円~9,000円

 

2.プロペシア 米国製(メルク Puerto Rico製造)   1箱28錠で5,568円

 

3.プロペシア NZ製 (メルク Australia製)     1箱28錠で5,568円

 

4.フィンペシア   (シプラ インド製造)     1箱30錠で2,154円

 

※価格は調査時のものです。価格は変動しますので購入前にご確認ください。

 

フィンペシアとプロペシアの入手方法

1.病院で診察を受け、国産のプロペシアを処方してもらう。

 

2.個人輸入代行を利用して、海外製のプロペシアを購入する。

 

3.個人輸入代行を利用してフィンペシアを購入する。

 

フィンペシアとプロペシアを割安で入手する方法

個人輸入代行をを利用するとフィンペシアもプロペシアも割安で入手することができます。

 

1.国産のプロペシアから海外製の安価なプロペシアに変更する。

 

2.国産のプロペシアからフィンペシアに変更をする。

 

3.はじめから、海外製のプロペシアを利用する。

 

4.はじめから、フィンペシアを利用する。

 

5.はじめは海外製のプロペシアで、その後フィンペシアに変更をする。

AGAの治療期間は長期間となりますので、年々薬代の負担が増えていきます。 そのため、このように工夫をしている方がたくさんいます。

 

注意!AGAの医薬品には副作用があります。

プロペシアとフィンペシアは医薬品となります。そのため当然のことですが副作用があります。副作用の訴えは男性機能の低下、性欲の減退など「性」に関するものが大半です。

 

持病を持っている方は医師の診断が必要となります。また、プロペシアやフィンペシアを個人輸入で購入するのは自己責任となります。健康面の不安や心配がある方にとっては副作用のない育毛剤が安心です。

 

副作用のない育毛剤としてさまざまなメディアで取り上げられ、注目されているチャップアップをご紹介します。

 

副作用のない育毛剤 チャップアップの詳細

 

チャップアップ

 

個人輸入代行業者は信頼できる業者を選びましょう。

信頼できる業者のチェックポイント

  • 成分鑑定をしている。
  • クレジットカード決済ができる。
  • 価格と発送国が明記してあり、貨物検索がある。
  • ネット上ではとにかく、いろいろな情報が流れますが、この3つが揃っていれば信頼できる通販ショップといえます。